« 団員募集パンフレットの見方 | トップページ | 6月11日(月)の練習内容 »

2007年6月 4日 (月)

6月4日(月)の練習の内容

我ら「浜松男声合唱団」の練習日は、毎週月曜日の19:00~21:00です。今日はその練習の内容をお伝えしましょう。

通常19人の団員のうち13~15人くらいが練習に参加します。今日はちょっと少なくて、テナー4名、セカンドテナー1名、バリトン2名、ベース2名の計9名プラス指導者の和田さんとピアニスの合計11名。厳密に言うとテナーの末久さんが身体にハンディキャップがあるので奥さんが付き添いで、プラス。末久さんはこの数週間かなり元気で、足も声もよく出る。つきっきりの介助と本人の頑張りの成果なり。

19:20ごろまで会話を楽しんで、15分間発声練習。和田さんはこのところ、しきりに頭蓋の中での響きと、腹筋を使っての歯切れのよい音だしを心がけるように指導されている。それから上体に力が入りすぎると、音が硬くなるので要注意だそうだ。気張りすぎずソフトに響きを感じて歌え、ということらしい。

この2~3ヶ月「月光とピエロ」を全曲繰り返し歌ってきたので、ちょっとベンチ入りさせ、久々に「月下の一群」のⅠ、Ⅲ、Ⅴをやった。これらはちょうど1年前に歌ったことがあり、和田さんはその後入団した初めての人達に練習をつけようと計画したらしいが、残念ながらその後の入団者3名は今日は欠席。従って1年前を思い出しながら、細かいところまで歌い方に表情をつけたり、16分休符のあとの歌い出しの揃え方などの注意をしばしば受けた。

45分くらい歌って、10分くらい休憩をとる。その間に連絡相談事項。今日は9月16日(土)の三遠南信合唱祭(今年は浜松はまホールで開催)に数人の主要メンバーが欠けても(別合唱団にも加わっていて、同日に既決定の演奏会が重なるそうだ)参加することに決定した。

筆者はベースパート。この数週間喉が炎症を起こしていて低い音が出づらい。最低音より3度くらい音域が狭まっているので、今日みたいに2人しかベースがいないときは、明らかに音量が不足して別パートを下から支えられていないのが自覚できる。会心の練習にはほど遠いが、歌い終わると心地よい疲労感。こんな時は帰宅後ビールをグビーといきたいところだけど、今日は休肝日。意思強く?我慢がまん!ブログを書いて寝てしまおう。

|

« 団員募集パンフレットの見方 | トップページ | 6月11日(月)の練習内容 »

練習内容」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/6669135

この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日(月)の練習の内容:

« 団員募集パンフレットの見方 | トップページ | 6月11日(月)の練習内容 »