« 7月8日(日)<第10回三遠南信合唱祭>合同練習 | トップページ | はままつ男声合唱団草創のこと »

2007年7月 9日 (月)

7月9日(月)練習内容

昨日は三遠南信合唱祭の特別合同練習があったが、今日は定例の月曜練習日だ。19:00ごろから三々五々メンバーが集まり始め、17:15から声慣らしを兼ねて、昨日練習した合同演奏会用の曲をおさらいした。阪田寛夫作詞、大中恩作曲の組曲「青い木の実」から、①沈丁花 ②夕焼けあかい ③木の実は熟れ、他に④草原の別れ ⑤過ぎし日のうた の5曲を通して歌った。

いきなりベースパートに注意が入った。昨日の練習時、「草原の別れ」の最初の4小節目の音を1音上がり過ぎて歌っていた、というのだ。記憶にございましぇーん! いずれにしても正しい音を確認して再度歌いなおす。

さらに豊橋TFM合唱団男声部と共演する曲、①わが歌 ②ADORAMUS TE と、新たに③Onward Christian Soldiers を加えて3曲の練習を丁寧にやった。指導者和田さんのいつも繰り返して言うせりふ。「音符を歌うな!」 すなわち楽譜どおり几帳面に音を出すのではなく、ある程度楽譜を理解暗記し楽譜に目を落としっぱなしにするのではなく、指揮者の指示をよく見て上半身に力を入れずに歌う、ということらしい。

その他、「月下の一群」からⅢ.人の言うことを信じるな、Ⅴ.秋の歌 の2曲を加えて多彩な練習を終えた。

今日は、新しいメンバーも加わった。ベースの三谷さんのかつての仕事の後輩、森島さんだ。バリトン希望。バリトンが厚くなってきた。今日の練習は団20人目の新人メンバーを加えて、テナー4名、セカンドテナー1名、バリトン5名、ベース3名の計13名。それに和田さん、ピアニストの飯田さん、末久さんの介助役の智子さん。末久さんはこの1ヶ月どんどん元気になって、表情も生き生きして足取りもしっかりしてきた。音符を追う目にも力がある。励ましの声が次々にかかる。皆も自分の事のように嬉しいのだろう。

伊藤団長から、今月の練習日の再確認あり。

来週末の7月21日(土)は、豊橋TFM合唱団の指導者で、和田さんの師匠でもある斎藤先生に14:00~指導していただく、特別練習日。13:30ごろまでに集合して、声出しをしておくこと、という指示あり。7月16日(月)は海の日で祭日だけど通常通り練習あり。但し、7月23日(月)は練習休み。7月30日(月)も通常練習あり。

当初の予定が大分変わってきたので、要注意!!

12月には、ピアニストの飯田さんのクリスマスコンサートの中で、10分間アカペラで歌って欲しいとのリクエストも入り、嬉しい悲鳴。充実した年になりそうだぞぉ。

|

« 7月8日(日)<第10回三遠南信合唱祭>合同練習 | トップページ | はままつ男声合唱団草創のこと »

練習内容」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/7089984

この記事へのトラックバック一覧です: 7月9日(月)練習内容:

« 7月8日(日)<第10回三遠南信合唱祭>合同練習 | トップページ | はままつ男声合唱団草創のこと »