« 9月16日(日)「三遠南信合唱の集い」開催 | トップページ | 8月27日の練習 »

2007年8月19日 (日)

8月18日(土)休日練習と定例会

月に1回ペースで行っている休日練習があった。通常の月曜日練習に加えて土曜か日曜に1回行うルールになって暫く経つが、今日はそのきっかけになった県東部小山町単身赴任の中村国さんが参加して、テナー4名、セカンドテナー3名、バリトン3名、ベース4名の合計14名だった。身体にハンディキャップがあるテナーの末久さんは、あまりの猛暑で少々体調を崩されたようで欠席だった。週末が書き入れ時の鈴木善さんも欠席だったが、この暑さの中毎日よく眠れているだろうか。ちょっと心配。

練習曲は次の通り。

9月16日(日)はまホールで開催される、三遠南信文化交流 合唱の集いでの合同演奏曲、大中恩混声合唱曲5曲。単独演奏曲である「月下の一群」からⅠ、Ⅲ、Ⅴの3曲。そして9月30日(日)浜松合唱祭と11月11日(日)豊橋のTFM合唱団との共演曲である、室生犀星作詞の「ふるさと」や「わが歌」「Adoramus Te」「Onward Christian Soldiers」「さくら」

指揮者の和田さんが練習中に指導される名せりふは、何度か紹介させてもらっているが、今日のとっておきを一つ。

「Adoramus Te」はバッハより古いキリスト礼賛の歌だが、初めから単純な歌詞が2種類2回ずつ繰り返される。1回目はピアニッシモのクレッシェンド、2回目はフォルテのクレッシェンド。ピアニッシモとフォルテの強弱の歌い分けは通常なかなか難しいが、和田さんは「教会の中で歌っているのを外で聞いているのがピアニッシモ、重厚なドアを開けて聞こえるのがフォルテ」と表現する。大半の団員はクリスチャンではないが、感覚的によく理解できるので、みんなメリハリが効いた演奏を心がけている。

来週月曜日は練習休みで、次回は8月27日(月)19:00からの定例練習だ。

8月は偶数月なので、第3土曜の今日、練習終了後に定例会(早く言えば飲み会)を行った。17:00に練習が終了して、参加者が三々五々練習会場から1Kmくらい浜松駅寄りの繁華街まで、だべりながら歩いて会場の台湾料理屋に向かった。17:30からの営業だとみんな知っていたので、ちょっと回り道をして行った。途中で、いつも注文とったり料理を運んでくれるお兄さんが自転車で出勤するのに出会って、これから店に行く旨を告げたら急いで店を開けてくれた。参加者は7名。いつもとちょっと違う雰囲気は、団員間では、「ひめ=姫?」と呼んでいるピアニストの飯田さんが珍しく参加したこと。

Img_1533_1_2 写真は、始まってすぐ、件のお兄さんに撮って貰ったもの。12月15日に予定されている、飯田さんのクリスマス演奏会に10分間の賛助出演をする話など、話題はいつもに比べると、セクハラ発言に気をつけてちょっとまじに硬くなったかも。でも酒量、食欲は落ちずバンバン食って飲んで、ひめには端数を負担してもらって6人で割勘3000円。コストパフォーマンス大なり!

|

« 9月16日(日)「三遠南信合唱の集い」開催 | トップページ | 8月27日の練習 »

コミュニケーション」カテゴリの記事

練習内容」カテゴリの記事

コメント

コメント
 18日の定例の宴の2次会: 

 七人のうち松浦さんを除く6人の男ども(と言いたいが 今回は女性が一人いたんだっけ)5男1女でカラオケのあるスナックへ。飯田ピアニストは「ちょっと歌ったら帰る」言っていたが、結局最後まで付き合ってくれた。それにしても、彼女は猛烈に歌いまくった。知らない曲ばかり。一体、どこで憶えるのやら。

 もっとも我輩の知っているのは、やや昭和期「クラシック」に属するものばかりで「青い山脈」を皆に助けてもらって、仕上げるざまであった。 バリトンのカラオケ師匠:浜口さんなら、こんなだらしないことは無いのだろう。

投稿: 漆山 敦 | 2007年8月19日 (日) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/7588257

この記事へのトラックバック一覧です: 8月18日(土)休日練習と定例会:

« 9月16日(日)「三遠南信合唱の集い」開催 | トップページ | 8月27日の練習 »