« 明日(9月30日)は市の合唱祭だ | トップページ | 10月1日(月)練習日の内容 »

2007年9月30日 (日)

9月30日(日)浜松市合唱祭出演

Photo 今秋の演奏会第2弾、浜松市合唱祭に出演した。今年はなんと44団体出演、朝10時30分から夜18時過ぎまで8時間近くの合唱づくめの一日だった。会場は浜松市が誇る?アクトシティー中ホール、1300人収容。パイプオルガンも敷設されている響きがよいホールだ。

我ら「浜松男声合唱団」は、36番目に登場!! 各合唱団に与えられている8分間で、「Adoramus Te」「ふるさと」の2曲を歌った。44団体が次々出場するので、リハーサル室も時間割り。14:50からわずか10分余りで2曲歌い終わらないうちに追い出され、続きは着替えの控え室で行ったが、これも満足に歌えないうちに次々に他の合唱団の人たちが入って来たので解散して、本番に賭ける事になった。

16:45から8分間の本番。客席からステージに上がってまた客席に下りるという、市民合唱祭ならではの「ところてん」ステージ。昔の小学校の運動会みたいで、これもまたよし。和田さんがいつもより一寸神経質に音採りをしていたが、皆緊張することなくうまく発進!何度も和田さんから指摘を受けた注意点も上手くこなし、言葉のメリハリや音量の盛り上がりもうまく出来た。歌っていても流石にホールの響きがよく気持ちが良かった!!

和田さん、鈴木善ちゃん、始まる前から心臓に不調を訴え、最後まで会場にいることがなく帰ってしまったが、大丈夫だっただろうか。歳を経るほどに円熟味を増す??我が合唱団だが、心臓に毛が生えている人は多くても、爆弾を抱えている人も多くては心配だ。

合唱祭講師から、我が団の演奏の講評を受け取ってきたので、ここに掲載しておこう。

(大田講師)

*重厚な中にもやわらかさのある、とても魅力的なハーモニーですね。久しぶりに聞くすてきな男声合唱に魅了されました。皆さんの深く豊かなハーモニーがホールいっぱいに響いて、男声合唱しか味わえない、空気を震わせるような音楽空間を味わえました。ありがとうございました。

(尾崎講師)

*男声合唱の魅力たっぷりで楽しませていただきました。Cresc.の時に音色の深さが変わらないように注意しましょう。豊かな音楽に酔いました。団員が増えることを祈ります。スリリングなハーモニー(発声?)頑張ってください。

(小田木講師)

*男声の声って、甘くて柔らかいですね、魅力的です。バスがボーンと鳴るところは、低音が相当響いていました。さて、ラテン語の方ですが、母音の響きが揃うと、もっと言葉が聞こえてくるのでは?と思いました。「ふるさと」は繊細な表現ですね。特に転調のおもしろさを聞かせていただけたらーーと欲を出して書いていますが、言葉をとても大切ににして表現してくれています。ありがとうございました。

(藤原講師)

*男声らしい力強さだけでなく、優しく繊細な歌い方は、もしかしたら女声より上かも知れません。素晴らしい集中力あるハーモニーでした。日本語の上品さを男性にこれだけされると、女性は立場がありませんね。少々ハーモニーが乱れたところをコントロールされたら最高ですね。

各講師とも祭の講評ではあったが、相当気遣って今後も一生懸命やれるように動機付けしてくれたんだなあ。

|

« 明日(9月30日)は市の合唱祭だ | トップページ | 10月1日(月)練習日の内容 »

演奏会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/8184447

この記事へのトラックバック一覧です: 9月30日(日)浜松市合唱祭出演:

« 明日(9月30日)は市の合唱祭だ | トップページ | 10月1日(月)練習日の内容 »