« 8月27日の練習 | トップページ | 9月10日(月)練習内容 »

2007年9月 4日 (火)

9月3日(月)練習内容と月例スタッフ会議

尋常でなく暑かった8月も終わり、月が明けると急に涼風が心地よくなった。今月は出場するイベントが二つある。9月16日(日)浜松市はまホールで開催される「三遠南信合唱祭」と9月30日(日)浜松アクト中ホールで開催される「浜松市合唱祭」だ。涼風とは逆に、イベントを控えて練習はますます熱を帯びてきた。

9月3日(月)19:00~21:00毎週定例の練習が行われた。出席者は15名。イベントを意識して、練習は演奏曲目を繰り返し行われた。内容は次の通り。

室生犀星作詞の「ふるさと」、ADORAMUS TE、わが歌、月下の一群からⅠ小曲、Ⅲ人の言うことを信じるな、Ⅴ秋の歌

指導者和田さん得意の、各パートの縦揃いのメリハリ付け、音を譜読み通りに出すのではなく強弱のメリハリをつけること、「揺れ」をつくること、などが再三指摘があった。今日の指導で印象に残るのは、「ADORAMUS TE」(バッハより古い時代の作曲)の時代は各小節線が無かった時代なので、小節ごとの演奏スピードを余り厳密に意識せずに、全体の流れで適宜遅速を付けていく、というもの。言外に、楽譜に眼を奪われるのではなく指揮者のタクトをよく見て歌うように、という意味だと感じた。

「三遠南信合唱祭」が開催される9月16日(日)は他の合唱イベントとバッティングしていて、複数の合唱団に所属している団員には、どちらに出場するか厳しい選択を迫られている。他に仕事の都合があって出場できない人もいて、結局団所属19名のうち、13名(テナー、セカンドテナー、バリトン各3名、ベース4名)が出場できる見通しだ。最も暑い時期体調を崩していた末久さんも、はちきん智子さんの懸命の介助で出場の見通しがたったのがうれしい。鈴木善さんは4月以降体調を崩して皆が心配していたが、7月から仕事を変えて、今仕事の傍ら2種免許取得の講習で睡眠を削って頑張っている。9月16日は練習不足で休むが、9月30日以降のイベントには参加満々の意向を示している。これもまたうれしいニュースだ。合唱が好きでたまらないメンバーは、週1回の練習と年に数回のイベントに何とか出席しようと、それを励みにしながら頑張っている。

練習終了後は、先月決まった月初の定例「スタッフ会議」が開催された。三遠南信合唱祭のチケット販売ノルマの確認、広告費用負担のこと、当日の団としての役割分担などを決めたほか、来年3月のコンサートの概略予算設定のコンセンサス作りを行った。毎月こうして合議を重ねて進んでいけば、我ら「浜松男声合唱団」の団結愛着がより出てきて、いい運営ができると皆確信を持てたミーティングだったと思う。

|

« 8月27日の練習 | トップページ | 9月10日(月)練習内容 »

練習内容」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/7806797

この記事へのトラックバック一覧です: 9月3日(月)練習内容と月例スタッフ会議:

« 8月27日の練習 | トップページ | 9月10日(月)練習内容 »