« ’08 2月 強化合宿レポート | トップページ | 3月3日(月)定例(演奏会前最後の)練習 »

2008年2月25日 (月)

2月25日(月)、演奏会のゲネプロを行った

Photo_2 3月8日の演奏会を前にして、今日の定例練習は演奏会の会場である浜松市雄踏文化会館大ホールでゲネプロ(通し稽古)が行われました。写真は演奏会の第2部に賛助出演してくれる、地元雄踏の「コール丘」という混声合唱団の練習風景です。

通常の練習より30分早い開始だったが、演奏会を間近に控えて出席率がよい。先ず恒例のラジオ体操第一で身体を温め声だし練習を十分にやってから、「子供の一年」をやった。11日の練習ではトップテナーの音が下がり気味という指摘があったが、今日は逆に声が明らかに上ずっている。600人の収容ながら、音がややデッドで実力が問われるホールというふれこみは中っているか? しかし残響は短いものの音の通りが素直でストレート、なかなかいいぞ! コール丘と交代して、暫く休憩を兼ねて賛助出演団体の演奏を聴いた。公の場の演奏会は初めてという合唱団だが、なかなか高い実力を持っていると思った。

「月下の一群」を無事終えて、平日ながらわざわざやってきてくれた豊橋TFM男声部の数人が加わって、「月光とピエロ」を連続して歌った。ゲネプロだったが、指揮者和田さんからは仕上げの細かい指摘がいくつか入った。開演の時に歌う「森の歌声」、アンコール曲の「千の風になって」「オレーグ公の歌」「はるかな友に」まで全て歌い、3時間に及ぶ稽古が終了してぐったりと疲れが出た。さあ、いよいよあと1回の練習で演奏会の本番だ。友よ!細部の暗譜に磨きをかけようぞ!!

|

« ’08 2月 強化合宿レポート | トップページ | 3月3日(月)定例(演奏会前最後の)練習 »

練習内容」カテゴリの記事

コメント

2月合宿、今日のゲネプロ、そして本番でも、テナーの Kチャンが音取りをしてくれる。 指揮者が歌を中断して、あれこれ注意をして 「さて」と合図すると飛び出してきて各パートに次のはじまりの音をピアノで鳴らしてくれる。 それがいつも楽譜を見ずにやるのだ。(そもそも 彼が普段の練習のとき楽譜を見ていることは、ほとんど無い。)「この人、天才か」と思っていた。
今夜、舞台片付けの合間に「どうして、途中からでも音が取れるんや」と訊ねたところ、「皆が間違う所はいつも決まってますけん。」
ジョークで誤魔化したが、なんのなんの、爪を隠しているよ。 すげ~。

投稿: 漆山 | 2008年2月26日 (火) 10時12分

このブログには、一言も書いてありませんが、わが男声合唱団「ふんけんクラブ」のメンバーも出演をいたしますので、「ふんけんクラブ」のHPに演奏会のご案内を掲示いたしました。

投稿: ふんけんクラブ・なかの | 2008年2月27日 (水) 04時07分

ふんけんクラブ・なかのさん、コメントありがとうございます。TFMだけではなく、ふんけんクラブの方々(TFMとかけもちですか?)も加わっているとなると、ますます三遠の交流が深まっていきますね。ありがたいことです。当日はよろしくおねがいします。

投稿: Macchan | 2008年2月27日 (水) 10時29分

うーさん、Kちゃんとの掛け合いの場面に居合わせましたが、誰もができることではないなかなか凄いことなのに、Kちゃんはいつものように自慢するでもなく目をくしゃくしゃしながらさらっと応えてましたね。こういうすげ~何人かの核(幹?)があって、我が団のレベル?が支えられているんですね。

投稿: Macchan | 2008年2月27日 (水) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/10758857

この記事へのトラックバック一覧です: 2月25日(月)、演奏会のゲネプロを行った:

« ’08 2月 強化合宿レポート | トップページ | 3月3日(月)定例(演奏会前最後の)練習 »