« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

6月30日(月)練習内容

指揮者和田さんが元気に復活して、いつものスピード練習が始まりました。今日も沢山の曲を練習しました。

(練習曲目)

モーツアルト「Requiem」から、No.7.Lacrimosa

「水のいのち」から、4.海 の音採り、1.雨、2.水たまり、3.川

「富士山」から、Ⅰ作品第壱、Ⅱ作品第四、Ⅲ作品第拾陸、Ⅳ作品第拾八

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

6月23日(月)練習内容

梅雨真っ只中の今日は、昨日ほどではありませんでしたが一日中雨模様のはっきりしない天気でした。そんな中、練習には11名が出席しましたが、なんと指揮者の和田さんが蕁麻疹が出たとかで欠席されました。

こんな時の代役は、桜井さんだ。もう一つ所属している浜松合唱団の定演を昨日終えて、元気に発声指導から始めた。一人一人の発声をチェックして、ピアニストの飯田さんが現れるまで、最近主流になっている発声方法の指導があった。余り口を開けることを意識せず、むしろ口を尖らせるようにする。しかし、口蓋から鼻腔にかけては響かせるのだそうだ。

ピアニストも、先週末コンサートを終えたばかり。音採りを一生懸命してくれた。いつも感心するのは、ピアノ伴奏曲ではないアカペラ曲でも、4声部の楽譜を縦に見て、一瞬のうちに音出しをしてくれることだ。プロのピアニストとはいえ、どうしてこんなことが初見で出来てしまうのか、不思議!

練習は、「富士山」から Ⅰ作品第壱 だけをパート別に丁寧に時間をかけてやった。各パートいつもよりゆっくり繰り返し演奏したので、皆大分正しい音採りができている。千葉さん作成のパート別練習CDも、大いに役立っていることは間違いない。

(7月の練習日) 7日(月)、13日(日)、28日(月) 計3日のみ

なお、13日15:00~17:00の練習終了後は、月例会が開催される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

6月14日(土)練習内容

今月の週末特別練習日は、今日14日の土曜日に行われました。昨日からの爽やかな天気が続きましたが、週末練習きっかけの主の中村国さん以下9名の出席に留まりました。以下、欠席者のために練習内容を書いておきます。

(モーツアルトRequiemから) No.1.Requiem、No.7.Lacrimosa(今日の新曲) 混声曲(4声のうちの2声を男声が歌う)なのでなかなか音が採り難いが、いつでも機会があったら歌えるようにしておくというのが指揮者和田さんの説。

(水のいのちから) 1.雨  2.水たまり 3.川  を最後までやり、通しで歌った。来週からはいよいよこの作品の盛り上がり、4.海 5.海よ に入っていく。

(富士山から) Ⅰ作品第壱 Ⅱ作品第四 Ⅲ作品第拾陸 Ⅳ作品第拾

今日は臨時会員のCさんから、有難い力作の提供があった。「富士山」と「Requiem」のパート別音採り用CDだ。これはいいぞ! 私のように音がふらついている者にとっては、救世主だ。団のレベルアップになること請け合い。

練習終了後は、今日は6月の定例会日だったが、明らかに「行きたい」と表明したのは団長のIさんのみ。練習出席も少なかったが、定例会も消滅になったかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 9日 (月)

6月9日(月)練習内容

早い梅雨入りのためか今日も朝夕雨模様でしたが、練習は11名が参加し出足も早かったためか定刻どおり午後7時には練習が始まったようで、筆者が遅れて7:20に到着した時は、初めての曲「モーツァルトのレクイエム」の符読みが始まっていました。指揮者和田さんによると、いつか歌う機会がある名曲中の名曲なので、練習をしておこうという意図のようです。

今日の練習内容をご紹介します。

【練習内容】

(No.1.Requiem=Mozart)

(「団愛唱歌」から) ⑪さらば青春 ⑥少年時代

(「水のいのち」から) 1.雨 2.水たまり 3.川

(「富士山」から) Ⅰ作品第壱  Ⅱ作品第四  Ⅲ作品第拾陸

このところもの凄いスピードで練習が進みますが、今日も例外ではありませんでした。もっとも和田さんからは、慰めともつかない言葉が練習終了後に発せられました。曰く、「今の段階でここまで歌えればOKですよ。まあ50%以上歌えてれば合格じゃないですかね。」

もっとも40%しか歌えていない筆者は不合格ですから、慰めの言葉には聞こえませんでしたけどねーーー

こんな時に救いの神が出現しました。急死した善ちゃんの弔いで歌わせてくれと、3月の演奏会に彗星のごとく現れたCさんです。得意のIT技術を駆使して、練習中の難曲「富士山」と「水のいのち」のパート別練習CDを作成してくれているのです。これは強い味方になります。特に若い時合唱をやっていなかったメンバーには音採りが確実になるので、早く上達するので団全体のレベルも確実に上がるはずです。Cさん、早く団員になることを決心してくだされ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

6月2日(月)練習内容

いよいよ梅雨入りを思わせる昼からの雨。今日は12名の練習参加者がありました。

(6月2日練習内容)

(合唱団愛唱歌から) ⑪さらば青春 ⑥少年時代

(富士山から) Ⅰ 作品第壱  

(水のいのちから) 3.川

(その他)

*文教幼稚園駐車場の団専用「駐車票」を配布

*会計から、3月8日開催の「第3回演奏会会計報告」

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »