« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

7月28日(月)の練習内容

梅雨が明けて1週間余り連日猛暑が続いたが、今日は雷雨があってぐっと涼しくなった。しかし、練習参加者が少なめなのがちょっと気がかり。練習から少々遠のいている団員は、配布済みのMelody AssistantCDを使って復習し、早く皆に追いついて練習に参加してほしいな。

(今日の練習内容)

(モーツアルト Requiemより) No.6. Confutatis 音採り、No.7. Lacrimosa  今日新たにNo.6.、 No.8. Domine Jesu、No.9. Hostias の楽譜が配布された。

(高田三郎 水のいのちより) 5.海よ 音採り 3.川

(多田武彦 富士山より) Ⅴ作品第弐拾壱、 Ⅱ作品第四

(今後の予定)

8月練習は、4日、18日、25日 (11日は練習なし)

9月28日(日) 市民合唱祭参加 曲未定(2曲くらい歌う予定)

10月5日(日)三遠南信合唱祭参加

(練習会場駐車場)

7月28日~9月1日まで、幼稚園工事のため従来駐車場がほとんど使えないとのことだったが、門前の新たな駐車スペース5台分と従来の駐車場が5台くらい使えそうなので、車使用はそう神経質になる必要もないか?との団長の見解あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

7月14日(月)練習内容

梅雨明け宣言はないものの、一昨日からの猛暑で一日中風呂に入っている気分だ。こんな日は腹の底から大声で合唱を歌うに限るぞ!!

今日の練習参加者は12名。練習ペースは今までに増してスピードアップ。和田さんは恐ろしいほど?飛ばしてくる。パート別練習CDのお陰か、なんとかみんな追随してくるから不思議だよな、和田さんも反省どころか更に調子に乗るわけだよな。

(7月14日練習内容)

モーツアルト「Requiem」より No.1 Requiem  No.2 Dies irae  No.7 Lacrimosa

高田三郎 「水のいのち」より 3.川  4.海  5.海よ

多田武彦 「富士山」より Ⅰ作品第壱 Ⅳ作品第拾八 Ⅴ作品第弐拾壱

「水のいのち」「富士山」ともに5.Ⅴがハイライトだ。リズムも旋律も非常に複雑。難曲の極み! やりがいも極み! この胸突き八丁を越えると、面白くなってくると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

7月7日(月)練習内容

梅雨明けが近づいているのか、昼間から遠雷が響き雨が上がった夕方からはとても涼しくなりました。

練習には2ヶ月ぶりに末久さんが出席、奥さんはちきんの苦労が実って怪我する前より元気になったみたい。古谷さんも2ヶ月ぶり近い出席だ。仕事が忙しくなってるみたい。そんなことで、今日は12名の出席で練習が始まった。

(練習曲目)

モーツアルト「Requiem」より No.2.Dies irae No.1.Requiem

高田三郎「水のいのち」より 4.海

多田武彦「富士山」より Ⅳ作品第拾八 Ⅲ作品第拾陸 Ⅱ作品第四 Ⅰ作品第壱

沢山の曲をものすごいスピードで歌っていくやり方は、このところの指揮者和田さんの定番になっている。次回からは、それぞれのハイライトで難しい曲、「水のいのち」の5.海よ、「富士山」のⅤ作品第弐拾壱 に入っていくらしい。「1ヶ月くらいやれば歌えるようになりますよ」とは、和田さんの弁。

休みがちな団員諸君、ビビることはないぞ。千葉さんが作ってくれた、「Melody Assistant」によるパート別旋律CDができている。それを受け取れば「鬼に金棒」怖いものなしよ。忙しさが理由で練習から遠のいている人も、勇気をもって遅刻でもいいから出席してみよう!!

なお、次回練習予定の休日練習の7月13日(日)15:00~は中止替わりに7月14日(月)19:00~に変更になる

7月の定例会は、予定通り7月13日(日)17:30~ 開催される。詳細はメールで連絡する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »