« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

どんづまりの忘年会

世の中は大半忘年会を終えた頃だと思うが、今日は夕方6時から「浜松男声合唱団」の忘年会をやった。月に1回平均の「定例会」と称する飲み会はやっているが、忘年会はまた格別だ。

Photo 2番目の長老のSMさんご夫婦もリハビリ入院を終えて、今日の宴会にベスト体調で臨んできた。秋から2度入院したMさんも、最長老で先々月心臓手術をしたHさんも元気に参加した。

忘年会シーズンが過ぎ去った頃を見計らい、馴染みの料理屋でゆっくり食べて飲んで語らって最後に1時間皆で16曲の「団愛唱歌」を合唱して、今年を締めくくった。満足してもまだ歌い足りなくて浜松駅前で1曲歌い、1年後にはまたコンサートをやろうと誓って散会したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

12月22日(月)練習内容

昨日までの暖かさと打って変わって、今日は朝から次第に寒くなってきた。そんな中で今年最後の練習が行われ、13名の団員が参加した。12月に入ってから練習前にやっている「ラジオ体操第一」で、身体を温めてから練習開始!!

(本日の練習曲)

「団愛唱歌」から ①森の歌声 ②婆やのお家 ③Requiem Aeternam ④希望の島 ⑤梢 ⑥少年時代 ⑦オレーグ公の歌 ⑧雨 ⑨渚 ⑩夜の歌 ⑪さらば青春 ⑫Adoramus Te ⑬柳河 ⑭Sing Along ⑮わが歌

「水のいのち」から 1.雨 2.水たまり 3.川 5.海よ

「富士山」より Ⅰ作品第壱 Ⅱ作品第四 Ⅴ作品第弐拾壱

和田さんは今年最後の練習を意識して、とにかく沢山の曲を歌った。来年は「団愛唱歌Ⅱ」を選定して更に曲を増やすそうだ。

(1月の練習日予定)

1月12日(月=成人の日)歌い初め、17日(土=休日練習)、26日(月)

リハビリ入院していたSMさんは、25日退院予定。28日の忘年会には、はちきん共々出席すると張り切っているそうだ。来年から練習復帰だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

12月15日(月)練習内容

師走も残るところ半分になり、何かと忙しい気分になってきた。そんな中、今日の練習には暫くぶりに出席したメンバーが3名を含み、11名が集った。病後療養中だったベースのMさん、風邪をこじらせていたテナーのFさん、そして仕事にかまけていた?テナーのKさんだ。やっぱり大勢揃わないとね!! 動脈瘤の手術後リハビリ中のテナーSさんの奥さん(通称はちきん)が、休憩時間につまめる果物の差し入れを持ってバスに乗ってわざわざ来てくれた。Sさんは28日の忘年会には出席したいと、懸命にリハビリを続けているそうだ。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌集」より  ③Requiem Aeternam ④希望の島 ⑤梢 ⑨渚⑩夜のうた ⑪さらば青春

「水のいのち」より 5.海よ

「富士山」より Ⅰ 作品第壱 Ⅳ 作品第拾八 Ⅴ 作品第弐拾壱

(1月の練習日)

1月12日(月)開始。成人の日(祭日)であるが、初練習(歌い始め)を19日まで延ばすわけにはいかないのでーーーと意見が一致。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

12月8日(月)練習内容

師走も2回目の練習を迎えて、今年は残すところ練習は後2回だけになった。このところ参加者数は低調だったが、今日は久々に2桁の10名(テナー=2、セカンド=2、バリトン=3、ベース=3)が揃った。

練習は相変わらず凄いペースで、多様に多数歌っているぞ!

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から ⑥少年時代、⑨渚、⑩夜の歌、⑪さらば青春、⑮わが歌、⑯千の風になって

「水のいのち」から 5.海よ

「富士山」から Ⅴ作品第弐拾壱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

12月1日(月)練習内容

早くも今年最終月、「師走」に入った。このところと同様、今日も参加者は少なめ、テナー2名、セカンド3名、バリトン2名、ベース2名の計9名。

少しずつ冷えてきたので、冬の恒例、練習前のラジオ体操第一で練習の開始だ。昔はこの体操の効能は軽視していたが、今こうして改めて一生懸命やると数分で体がポカポカと温まってくるのがよくわかる。声も出やすくなるというわけだ。

(今日の練習内容)

「団の愛唱歌」より ⑩夜のうた ⑨渚

「水のいのち」より 4.海  5.海よ

「富士山」より  Ⅴ 作品第弐拾壱

(指揮者和田さんからの指示)

「水のいのち」4.海 の各パートが2部に分かれるところは、パート毎に役割を決めておいてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »