« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

2009年4月27日(月)練習内容

桜が散って、つつじが咲き誇っているというのに、何でこんなに寒いのか! ここで怒ってもしょうがない。その寒さのせいか、連休を前に一仕事終えとかなくてはーーという人が多いのか、今日の出席者は少なかったな。10人(T=3、St=2、Br=2、B=3)プラス指揮者Wさん、ピアニストHさん、テナーのSさんアシストのはちきん。

(今日の練習曲)

モーツアルト「Requiem」より No.1.Requiem後半、No.6.Confutatis、No.7.Lacrimosa、No.8.Domine Jesu、No.10.Sanctus、No.11.Benedictus

高田三郎「水のいのち」より 5.海よ

6月27日から豊橋で合同練習が始まるので、一通り歌えるようにという和田さんの配慮で、「Requiem」を重点的にやった。

「水のいのち」の5.海よ も、各パートがエコーのように(輪唱のように)歌うところなどを、繰り返し練習した。

(5月の練習日)

11、18、25の各月曜日(4日はみどりの=祭日で休み)

(5月定例会予定)

17日(日)17:30~ いつもの会場にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

2009年4月20日(月)練習内容

先週までの猛暑日・夏日が出現した暑さから打って変わって、今日は平年並みの気温になった。新緑がぐっと増えて、深みが日々増していく。街路樹の足元には、つつじが花開く。春の次から次への花の競演だ。

今日は先週より大分多い13名の団員(T=3、St=4、Br=2、Ba=4)が練習に集った。休憩時間に有志から配られるおやつも先週に続いて豊富だぞ。はちきんが先週の大好評に気をよくして、またまたちょーうま「苺大福」を作ってくれば、まっちゃんもかみさんが沖縄竹富島へ行って教わってきたという「サーターアンダーギー」を配っていた。来週から団員は、夕食を少し控えて練習に臨むように!

(今日の練習曲)

モーツアルト「Requiem」より No.8 Domine Jesu、 No.10 Sanctus、 No.11 Benedictus

「富士山」より Ⅴ作品第弐拾壱 

「水のいのち」より 1.雨、 3.川、 4.海

(5月の練習日)

5月11日(月)、18日(月)、25日(月)  3日間

5月4日(月)は祝日につき休み。きんちゃん気をつけるようにね!      

(5月の定例会予定)

5月24日(日)18:00~ いつものところ      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

2009年4月13日(月)練習内容

桜が開花してから2週間以上経過しても、今年は花が長持ちして人々の目を楽しませてくれている。それにしても暖かい日が続いて、連日初夏の陽気だ。

今日の練習は、年度始めで忙しいのか出席者が少なく10名(T=3、St=4、Br=2、Ba=1)だった。ピアニストの飯田さんも珍しく欠席、難しい旋律の音採りが多く、流石の指揮者和田さんも指揮をしながらでは四苦八苦の場面あり。

(今日の練習曲)

モーツアルト「Requiem」より No.1 Requiem後半 P13~ 、     No4.Rex tremendae、 No.7 Lacrimosa

「富士山」より Ⅴ作品第弐拾壱 (P21~ノンブレス4小節注意)

「水のいのち」より 4.海

(今月の定例会)

4月18日(土)18:00~ いつもの台湾料理屋

宴会部長MIは、母親介護当番のため残念ながら欠席です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

2009年4月6日(月)練習内容

先週の3月最後の練習は筆者Mは休んだので、記事がない。だれかフォローしておくれやす。

先週は穏やかな天気に恵まれて、どこも桜が満開になった。毎年団の花見会をやる末久邸は、それは見事な花だそうだ。桜の季節には企画ができなかったが、5月には改めて別の花の会を企画する予定なので、期待していて欲しい。

年度が改まって初めての練習があった。皆忙しいと思うけど、大勢練習に出て来たぞい。14名が揃った。(T=3、St=4、Br=3、Ba=4)市内の県立高校に赴任したNKさんも、早くも出てきているぞ。

(今日の練習曲)

モーツアルト「Requiem」より No.4 Rex tremendae

「海はこころ」

「富士山」より Ⅳ作品第拾八 

「水のいのち」より 1.水のいのち 2.水たまり 3.川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »