« 2009年8月16日(日)練習内容 | トップページ | 2009年8月24日(月)練習内容 »

2009年8月23日 (日)

「モツレク」の豊橋合同練習

Photo 11月29日に開催される豊橋合唱協会主催、「モーツァルト特別演奏会」の合同練習が先月から始まっている。三遠南信合唱祭や指導者同士の師弟関係で、豊橋の合唱団との交流がある。その縁で早くから上記演奏会に、「友情出演」することになっていた。

月に2回ペースで合同練習があり、その度に浜松男声合唱団有志が乗り合いで豊橋まで通っている。今日は本番の指揮者小泉ひろしさんの初指導があるとのこと、我が団からいつもより多い8人が集った。

小泉さんは練習中、ラテン語とギリシャ語の歌詞が意味するところを説き、曲に表情を付けようと指導に熱が入る。特にモーツァルトの時代は職業指揮者が存在しなかったと言い、その後の指揮者独自の演奏速度の解釈を許さず、全曲基本速度は八分音符ないし四分音符80テンポで振ると宣言され終始通された。これも原点に戻って、素朴なモーツァルトを聴衆に味わってもらおうという「こだわり」だろう。

よって普段の練習より幾分遅かったり逆に結構早かったりで、地元合唱団より練習が少ない分なかなか追いつくのに苦戦した。それでも200人収容の練習ホールを80%以上埋め尽くした寄り合い合唱団の迫力はなかなかのもので、先々週に次いで気持ちよ~く練習できたのだった。

【団塊世代MACCHAN(まっちゃん)の、<人生これから>だよ!】8月23日付け記事から転載  http://blog.goo.ne.jp/matsuura_ik1980/

|

« 2009年8月16日(日)練習内容 | トップページ | 2009年8月24日(月)練習内容 »

練習内容」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/31073822

この記事へのトラックバック一覧です: 「モツレク」の豊橋合同練習:

« 2009年8月16日(日)練習内容 | トップページ | 2009年8月24日(月)練習内容 »