« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

モーツァルト特別演奏会に出演

Photo モーツァルトのRequiemを歌う豊橋の演奏会のことは、この数ヶ月度々当ブログで記事にしてきた。その豊橋合唱協会第40回「合唱祭」記念 『モーツァルト特別演奏会』が、今日豊橋市コンサートホールで開催された。我ら「浜松男声合唱団」は、「豊橋合唱協会とその仲間」として『レクイエム』の合唱に賛助出演したのだった。

セントラル愛知交響楽団の管弦楽演奏で小泉ひろしさん指揮の、本格的な演奏会だ。会場の豊橋市コンサートホールは、豊橋港の近くに新設された1000人余り収容できる音響のいい立派な施設だ。春から延べ20回近く豊橋で練習を重ね、昨日のゲネプロ=通し練習を経て本番に臨んだ。

オーケストラは40人余りの小編成だが、合唱は合同ながら200人に及ぶ大編成で舞台の山台(合唱団が並ぶ階段)は10段に及び、最上段に立つベースパートの私は天上から歌うような感じだ。日頃の団独自の練習をこなしながら、主に日曜日にこの「特別演奏会」の練習をこなしてきたが、ベルリンフィルの演奏などをお手本にしながら独習も重ねた。

16分音符で推移する早い演奏箇所は、音採りとラテン語の歌詞読みが追いつかず苦労したが、一週間前くらいから余裕ができて演奏を楽しめるようになってきた。昨日のリハーサルでは初めて気持ち良く歌え、今日午前中のオーケストラ付きの通し練習では「やれるな」という感触がつかめた。

そして本番、出演者は白黒の正装で臨み華やかな4人のソリストを交えて、半年間練習し指導を受けたことを思いっきりアンコール曲を含めた1時間弱の演奏時間にぶつけた。神に許しを乞い感謝する場面の曲では、歌いながら粟を生じる感動を覚えた。宗教心は元よりなく、純粋にモーツァルトの音楽性に憧れて挑戦したのだったが、18世紀の敬虔な信者の気持ちの一端にも触れられた思いがしたのだった。

(写真は、舞台に上がって演奏が始まる前、記念のために満員の客席を密かに撮ったもの)

http://blog.goo.ne.jp/matsuura_ik1980/ から転載した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

2009年11月16日(月)練習内容

この秋2度目の大きな寒波が来ているようで、肌寒い風が吹く19:00から練習が始まった。今日は久しぶりに、口三味線で身体ほぐしの「ラジオ体操第1」から入った。和田さん指導のの丁寧な「声だし」がそれに続き、暫くぶりの「富士山」を全曲おさらいすることになった。何と今日は17人の団員(T=5、St=4、Br=3、B=5)が揃った。

(今日の練習曲)

団愛唱曲集から 「砂山」

「富士山」から Ⅰ~Ⅴ 全曲

(今月の練習日)

23日(祭)練習なし。また、30日(月)の定例練習日は無くなりました。

(豊橋Requiem関連)

11月22日(日)二川視聴覚センターにて13:15~ 最後の練習。

28日(土)ゲネプロ、29日(日)コンサート 豊橋ライフポートにて

(12月~4月の練習&演奏会日程表)

団のメーリングリスト、ブリーフケース内ファイルまたは予定表にて確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

11月8日(日)の練習

今日は月一度の日曜練習日。参加者 14名。バリトンが Nさんだけで少々バランス悪し。 

練習した曲: 

アヴェ・ヴェルム・コルプス  ゴンドラの唄  行こう再び  組曲 「富士山」 第 3 4 5 曲

組曲の方は指揮者にねっちり絞られた。 特に言われたことは、p、pp はただ音が小さく   

弱いというのではない、より緊張感がそこには在り、歌詞もそのように歌うべし ということ。

休憩時、バリトンの Wさんから柿の差し入れあり。 慣例のS夫人からの飴も貰う。

5時半から新人歓迎会も兼ねて、恒例の宴。 なんと練習には来なかった O氏が先着で

待っていた。 人生、かく あるべしか。 指揮者も含め12名参加。 全員の自己紹介が一時間たっても終わらない。 一言いうと周りがわいわい云うからである。 旧人は慣れっこだが、新らしく来た人は、どう思ったか。

次の日曜日は名古屋にいって モーツアルト:レクイエム をオーケストラ付で練習する。

鉄道マニアの I さんは超安値で往復する秘技を知っているとか。 信じられない。

                                                U 投稿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

2009年11月2日(月)練習内容

昨日、今日 寒波襲来。 でも練習は熱がこもっていましたよ。

しばらく所用で休んでいた N.さん来。 先週入団のM.さんもちゃんと来ました。 くわえて新人が、また参加しました。 浅井さん(こんな字かな)。 定年で浜松に戻ってきたとか。 ベースに入りました。 「戦力にはなりませんが」と言っていましたが、急遽、借りた楽譜を手に前列で朗々と歌っていました。 お主、出来るノー。 これでベースは5人になり、重厚さを増したわけ。

今日の参加者は17名で、欠席の F.K.(トップ) H.(バリトン) M.K.(ベース)をくわえて 20人を超えたので指揮者の熱が入るのは無理もないとこです。

鯉のぼり 箱根八里 組曲「富士山」 第 3,4 曲  組曲「みずの命」 から 「 雨 」 「 川 」

と息も継がせずとはこの事。 終わって酸欠状態になりました。

ブログ主催のMさん代理: U.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

豊橋練習帰りはこれに限る

Photo 豊橋合唱連盟主催の「モーツアルトRequiem」演奏に友情出演する日が、いよいよ4週間後に迫った。今日も豊橋駅近くの松原小学校体育館で、合同練習があるので出かけて行った。

二川駅近くの視聴覚センターで練習があるときは車の乗り合いででかけるが、市の中心街は駐車難ということが口実で浜松駅からJRで出発する。浜松~豊橋間は30数キロ30分余り、三河と遠州は隣同志で近いなあと毎回実感する。

今日は豊橋合唱連盟理事長の斉藤先生がRequiemの通し練習指導、最初の40分はパート練習もあっていよいよ仕上げ近しの印象。丁寧な音採りとリズム修正の指導があり、何か上手になった気がする。1時半から4時過ぎまで、みっちり練習して程よい疲労感。

練習中から既に雨模様になっていたが、乾いた喉にはなかなか具合がいいぞ。練習終了後は、いつもの駅裏ホッピー屋で一杯やる。『10月11日 「豊橋合同練習の楽しみ」参照』 練習が目的なんだかホッピーが目的なんだか、どっちだや~?という自嘲的な声も上がったが、「両方でしょ!」という無難な線で落ち着いてしっかり呑んで楽しんだのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »