« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

2010年3月29日(月)練習内容

桜が大分咲きそろってきたというのに、また寒波がやってきた。それも半端じゃない寒さで風も強い。演奏会まであと3週間が切れて、練習は今日を入れてあと4回になった。16名(T=4、St=4、Br=4、B=4)が参加した。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *森の歌声 *わが歌 *ゴンドラの唄 *行こうふたたび ①砂山 ②鯉のぼり ③雪のふるまちを ④待ちぼうけ ⑤箱根八里

「水のいのち」から 1.雨 2.水たまり 3.川 4.海 5.海よ

(合同練習)

4月4日(日)13:00~17:00 雄踏文化ホールにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

2010年3月22日(月)練習内容

昨日の特別練習に続いて、今日は定例練習が行われた。演奏会が控えていない時は、休日の月曜日は練習が休みになるので、いわば演奏会間近の特別練習が2日連続で行われたということになる。

指導者の熱心さと団員の緊迫感で、今日は16名(T=5、St=3、Br=3、B=5)の団員が出席した。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *森の歌声 *砂山 *鯉のぼり *雪のふるまちを *待ちぼうけ 箱根八里

「富士山」から Ⅰ作品第壱 Ⅲ作品第拾陸 Ⅴ作品第弐拾壱

「水のいのち」から 1.雨 2.水たまり 3.川 4.海 5.海よ

練習初っ端から指揮者和田さんが、「間違ってもいいから、できるだけ楽譜を見ないで歌ってください」という一言で始まった。多くの団員がそれに従い、歌えると自信につながった。久々に「水のいのち」をピアノ伴奏で通しで歌った。この曲は指揮者から「楽譜を持って歌っていい」と言われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

2010年3月21日(日)練習内容

いよいよ我が団の演奏会が、4週間後に迫った。先日の記事で紹介したように、一週間に1回の練習では練習が不足しているように感じて、指揮者の和田さんには無理をお願いして特別練習を組んでもらっている。先週の15日(月)と今日21日(日)が該当日だ。

3月のこの時期は演奏会が多く、仲間で他の団と掛け持ちをしている団員はさぞかしスケジュールの調整に苦労していることだろう。それでも今日の練習には遥か中国から飛んでくる黄砂にもめげず、13名(T=3、St=3、Br=3、B=4)が参加して2時から5時まで熱心に行われた。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *森の歌声 *わが歌 *砂山 *鯉のぼり *雪のふるまちを *待ちぼうけ *箱根八里

「富士山}から Ⅰ作品第壱 Ⅱ作品第四 Ⅲ作品第拾陸 Ⅳ作品第拾八

演奏会前で残された練習日は、明日22日(月)、29日(月)、4月4日(日)コール丘との合同練習、5日(月)、12日(月)と、18日(日)の演奏会当日午前中のゲネプロを除いて5回になった。いよいよ切羽詰まってきた感じがする。指導者兼指揮者の和田さんは、数週間前から率先垂範して暗譜で指揮をしている。寝る前にも必ず楽譜を見ると、普段から豪語?している熱心さだ。

真面目で自習熱心な団員も、高をくくっている横着な?団員もやっと暗譜率が高まって、今日は過半数が楽譜を外して歌っていたように思う。そうすると不思議なもので、和田さんが普段から口やかましく言っておられる通り、演奏にダイナミックさと味が出てくるように思えるから不思議なものだ。暗譜以外にも、団員それぞれの緊迫感と自己鍛錬がものをいってきたのであろう。

そういう筆者も高をくくっている横着者の一人だが、先週まで自分でも音を外していると気がついた反省があって、ちょっと自習した成果があったように思う。明日の練習は休日だがピアニストのH子ちゃんが来てくれるので、ピアノ伴奏がある*待ちぼうけ *箱根八里 や「水のいのち」が中心になるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

2010年3月15日(月)練習内容

夕方までかろうじて持っていた天気も、練習時間になって雨になった。今晩は大雨になるとかーー。今日の練習は昨日急遽決まった、「今月の特別練習2日」のうちの一日だ。そんな日でも、危機感?をもった団員が12名集まった。特別練習にもかかわらずピアニストのIさんが来てくれた。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *森の歌声 ①砂山 ②鯉のぼり ③雪のふるまちを ④待ちぼうけ ⑤箱根八里

「富士山」から 全曲

「水のいのち」から 2.水たまり 4.海

(次回の練習日)

特別練習日の3月21日(日)14:00~17:00 文教幼稚園講堂にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日(日)休日練習

暖かい春の陽光に満ちた日曜日になって、今日は月に一度の休日練習日だ。元々月曜日に練習に出られない単身赴任者のために、この制度?は始まった。この休日練習のメリットを生かして、Cさんが久々に練習に参加した。

練習時間14:00~17:00 終了後和田さんの奥様が差し入れてくれたアイス状の「もちクリーム」は美味かったなぁ!

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *森の歌声 *わが歌 ①砂山 ②鯉のぼり ③雪のふるまちを ④待ちぼうけ ⑤箱根八里

「富士山」から 全曲

(今月の追加練習)

演奏会に向って練習不足を心配したSさんの提案で、急遽追加練習が決定した。既に決定している練習日に加えて、次の2日が追加される。

3月15日(月)19:00~21:00、 3月21日(日)14:00~17:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

2010年3月8日(月)練習内容

冬の終りから雨が多く、弥生に入ってからも3日に2日は雨模様でいやになる。そんな気持ちを振り切って、演奏会を6週間後に控えた団のメンバーは自発的に練習に参加する。今日もなんと16名(T=4、St=4、Br=3、B=5)の団員が集った。和田さんもいつにも増して指導に力が入る。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から  (演奏会演奏順)*砂山 *鯉のぼり *雪のふるまちを*待ちぼうけ *箱根八里

「富士山}から   Ⅰ~Ⅴ 全曲

「水のいのち」から 5.海よ

(次回の練習日)

3月14日(日)14:00~ 文教幼稚園講堂にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

第4回「浜松男声合唱団」演奏会のお知らせ

201001126_1

      第4回浜松男声合唱団演奏会

2010年4月18日(日) 13:30開場/14:00開演

浜松市雄踏文化センター大ホール( http://yutobunka.birukan.jp/ )

入場料:800円(大人) 400円(小学生~学生)

【出演】 浜松男声合唱団  指揮:和田美喜男/ピアノ:飯田裕子

【賛助出演】混声合唱団 コール丘 指揮:松本弘子/ピアノ:飯田裕子

【曲目】 男声合唱曲:組曲「富士山」多田武彦:作曲  

     組曲「水のいのち」高田三郎:作曲 

     愛唱歌「雪のふるまちを」「箱根八里」「鯉のぼり」他

     混声合唱曲:「ホフマンの舟歌」「七つの子」「茜の空」他

【主催】 浜松男声合唱団

【後援】 浜松市、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社、浜松合唱連盟

【問い合わせ先】 伊藤(053-448-9662)漆山(053-485-3005)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

2010年3月1日(月)練習内容

今日からいよいよ弥生3月に入った。文字通り春になったということだ。1週間前から暖かくなって、雨も多い。今日も夕方から暖かい雨になった。演奏会まで後1ヵ月半余り、7週間を切った。

そんな中13名(T=3,St=4、Br=2、B=4)が出席して元気に練習が行われた。暗譜が進み、楽譜を見ないで歌う団員が増えてきた(ように思う)。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *待ちぼうけ *鯉のぼり *雪のふるまちを *砂山 

*箱根八里

「富士山」から Ⅱ作品第四 

「水のいのち」から 5.海よ

(注意)

「富士山 Ⅱ作品第四 のP12 最終小節 --そのなかにふじはいる

を、ふじはいるーーと歌っている人が多い。ここは楽譜通りーふじはいる

と歌うこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »