« 2010年3月15日(月)練習内容 | トップページ | 2010年3月22日(月)練習内容 »

2010年3月21日 (日)

2010年3月21日(日)練習内容

いよいよ我が団の演奏会が、4週間後に迫った。先日の記事で紹介したように、一週間に1回の練習では練習が不足しているように感じて、指揮者の和田さんには無理をお願いして特別練習を組んでもらっている。先週の15日(月)と今日21日(日)が該当日だ。

3月のこの時期は演奏会が多く、仲間で他の団と掛け持ちをしている団員はさぞかしスケジュールの調整に苦労していることだろう。それでも今日の練習には遥か中国から飛んでくる黄砂にもめげず、13名(T=3、St=3、Br=3、B=4)が参加して2時から5時まで熱心に行われた。

(今日の練習曲)

「団愛唱歌」から *森の歌声 *わが歌 *砂山 *鯉のぼり *雪のふるまちを *待ちぼうけ *箱根八里

「富士山}から Ⅰ作品第壱 Ⅱ作品第四 Ⅲ作品第拾陸 Ⅳ作品第拾八

演奏会前で残された練習日は、明日22日(月)、29日(月)、4月4日(日)コール丘との合同練習、5日(月)、12日(月)と、18日(日)の演奏会当日午前中のゲネプロを除いて5回になった。いよいよ切羽詰まってきた感じがする。指導者兼指揮者の和田さんは、数週間前から率先垂範して暗譜で指揮をしている。寝る前にも必ず楽譜を見ると、普段から豪語?している熱心さだ。

真面目で自習熱心な団員も、高をくくっている横着な?団員もやっと暗譜率が高まって、今日は過半数が楽譜を外して歌っていたように思う。そうすると不思議なもので、和田さんが普段から口やかましく言っておられる通り、演奏にダイナミックさと味が出てくるように思えるから不思議なものだ。暗譜以外にも、団員それぞれの緊迫感と自己鍛錬がものをいってきたのであろう。

そういう筆者も高をくくっている横着者の一人だが、先週まで自分でも音を外していると気がついた反省があって、ちょっと自習した成果があったように思う。明日の練習は休日だがピアニストのH子ちゃんが来てくれるので、ピアノ伴奏がある*待ちぼうけ *箱根八里 や「水のいのち」が中心になるはずだ。

|

« 2010年3月15日(月)練習内容 | トップページ | 2010年3月22日(月)練習内容 »

練習内容」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/405923/33871942

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年3月21日(日)練習内容:

« 2010年3月15日(月)練習内容 | トップページ | 2010年3月22日(月)練習内容 »