« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

2016年2月29日(月)練習内容

通常なら週末にイベントがあると直後の月曜練習は休みになることが多いが、演奏会が7週間後に迫っているので敢えて3日連続の練習に挑戦した。

昼間の暖かい雷雨のあと、夕方から冷え込んで冬将軍が息を吹き返したような風が荒れ狂っている。合宿で声をからした団員が14名(T=3、St=3、Br=2、B=6)集まって、演奏課題がある曲のおさらいをやった。

(練習曲)

*民謡による「北国の歌」から  「野良歌三階節」「田植え歌」

*男声合唱組曲 「心の四季」 吉野弘作詞、高田三郎作曲 2.みずすまし 3.流れ 4.山が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27,28日合宿強化練習

4月17日に開催する演奏会に向けて、昨年11月に続く2回目の合宿強化練習を行った。

Img_6756


合宿所は前回と同じ静岡県の施設「三ケ日青年の家」で、1泊2日延べ9時間に及ぶ集中練習だった。

Img_6753


演奏会の舞台に上がる予定の団員20名(T=5、St=4、Br=5、B=6)が全員参加して、演奏曲の仕上げに励んだ。合宿開催前は少し仕上げレベルに不安があったが、指揮者和田さんの必死の指導のお陰であと7週間の精進次第でかなりレベルアップできる見通しがたった。


(練習曲)

2月27日(土)13:45~18:00、19:00~21:00   2月28日(日)9:00~12:00

*ロシアの歌から 「赤いサラファン」「十二人の盗賊」「カリンカ」「静寂」「鶴」「暗い夜」

*民謡による「北国の歌」から 「南部牛追い歌」「ほーはい節」「野良歌三階節」「草刈り歌」「田植歌」

*男声合唱組曲 「心の四季」 吉野弘作詞、高田三郎作曲 1.風が 2.みずすまし 3.流れ 4.山が 5.愛そして風 6.雪の日に 7.真昼の星

*「秋の女よ」 佐藤春夫作詩、大中恩作曲     「フィンランディア」シベリウス作曲 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

2016年2月22日(月)練習内容

暖かい暴風雨の後は、また平年並みの寒さに戻り、身体のコンディションを保つのに四苦八苦。演奏会まで2ヶ月を切り、練習は熱を帯びる。

今日は15名(T=3、St=3、Br=3、B=6)の団員が練習に参加した。

(練習曲)

*民謡による「北国の歌」から  「南部牛追い歌」「ほーはい節」「野良歌三階節」「草刈り歌」「田植え歌」

*ロシアの歌から 1.赤いサラファン 2.「十二人の盗賊」 3.「カリンカ」 4.「静寂」 5.「鶴」 

*男声合唱組曲 「心の四季」 吉野弘作詞、高田三郎作曲 2.みずすまし 3.流れ 6.雪の日に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

演奏会まであと2ヶ月

所属している浜松男声合唱団の、2年に一度の演奏会が近づいてきた。週に一度の練習も仕上げに気合が入ってきたが、今日は8年間5回目の賛助出演をしてくれる「コール丘」との合同練習のために、ホームグラウンド「雄踏町つるが丘公民館」を訪れた。先方の金曜日昼間練習に合わせて2時半に集合をかけたが、やはり現役組には厳しかったとみえてわが団員の参加者は12名(T=2、St=2,Br=3、B=5)に留まる。

(本日の練習曲)

*4月演奏会での「コール丘」との合同演奏曲 「秋の女よ」 佐藤春夫作詩 大中恩作曲

*アンコール予定曲「フィンランディア」


1


指揮者和田さんは1時間かけて圧倒的女性優位の混声合唱団「コール丘」にも丁寧に指導をして、2つの団体の合同演奏をまとめてくれていた。思い起こせば8年前、初めて公衆の面前での演奏会を行った「コール丘」だが、互いに齢を重ねながらも回数を重ねるごとに実力をつけてきた。

互いに平均年齢70歳プラマイ、最近の各合唱団の新規参入者の状況から考えるともう平均年齢が著しく下がることはないとは思うが、趣味の世界のことだこのまま天寿を全うするまで楽しめればいいと思う。わが団は今月末演奏会を控えた2回目の強化練習合宿を経て、4月17日(日)に浜松市中区の「浜松市福祉交流センター」にて、第7回演奏会を開催する。

詳細は下記の開催要項と1月23日付け浜松男声合唱団ブログ(http://hamadan-gasshou.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-33f7.html)をご覧ください。

浜松男声合唱団は、来る4月17日(日)に2年ぶりに下記のとおり「第7回演奏会」を開催いたします。

《日時》 2016年4月17日(日)13:30開演 (13:00開場)

《会場》 浜松市福祉交流センターホール (JR浜松駅より徒歩約10分)

〒432-8035 浜松市中区成子町140-8 (Tel:053-452-3131)

《入場料》 大人¥800、 小~大学生¥400

《出演》 浜松男声合唱団、 指揮 和田美喜男、 ピアノ 飯田裕子

(曲目)「民謡による北国の歌」~南部牛追い歌、野良歌三階節 ほか(高田三郎作曲)、「ロシアの歌」から 赤いサラファン、カリンカ、鶴 ほか、 男声合唱組曲「心の四季」 (吉野弘作詞、高田三郎作曲、須賀敬一編曲)

《賛助出演》 コール丘(混声合唱)、 指揮 松本弘子、 ピアノ 飯田裕子

(曲目)混声合唱 にじいろの魚(村野四郎作詞、木下牧子作曲)、五木の子守歌(平井康三郎編曲)、 川(千家元麿作詞、橋本国彦作曲) ほか

《主催》 浜松男声合唱団   《後援》浜松市、浜松市文化振興財団、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞社東海本社

《お問い合わせ先》 団長 松浦

電話 053-433-5323、 090-9914-2799  
メール matsuura_ik1980@ybb.ne.jp


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

2016年2月15日(月)練習内容

冬の後半は寒くなったり暖かくなったりの差が激しい。週末は異常な暖かい雨が降り、河津桜も3~4分咲きになったが、今日は一転また寒波がやってきて午後から急激に気温が下がってきた。感覚がおかしくなるので、体調に気をつけないと。

演奏会までちょうど2ヶ月になり、練習に力が入ってきた。今日も16名(T=3、St=3、Br=4、B=6)が集って仕上げに精を出した。


(練習曲)

*4月演奏会での「コール丘」との合同演奏曲 「秋の女よ」 佐藤春夫作詩 大中恩作曲

*ロシアの歌から 1.赤いサラファン 2.「十二人の盗賊」 3.「カリンカ」 4.「静寂」 5.「鶴」 

*民謡による「北国の歌」から  「南部牛追い歌」「ほーはい節」「野良歌三階節」「草刈り歌」「田植え歌」

*男声合唱組曲 「心の四季」 吉野弘作詞、高田三郎作曲 1.風が 2.みずすまし 3.流れ 4.山が 7.真昼の星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

2016年2月8日(月)練習内容

冬も終盤に入り、前半の暖冬から一転して少し寒い日が多くなった。4月17日の演奏会10週間前、これから毎週月曜日の練習に加えて2月末には2回目の強化練習でも仕上げに励む。

今日の練習には16名(T=3、St=4、Br=4、B=5)の団員が参加して、演奏会での披露するほぼ全曲を歌いこんだ。

演奏会直前だったが、昨年末以来3人目の入団希望者が見学に見えた。一人でも多く、一生の楽しみとして仲間に加わってくれるとうれしい。団員一同歓迎したい。

(練習曲)

*4月演奏会での「コール丘」との合同演奏曲 「秋の女よ」 佐藤春夫作詩 大中恩作曲、アンコール予定曲「フィンランディア」

*ロシアの歌から 1.赤いサラファン 2.「十二人の盗賊」 3.「カリンカ」 4.「静寂」 5.「鶴」 

*民謡による「北国の歌」から  「南部牛追い歌」「ほーはい節」「野良歌三階節」「田植え歌」

*男声合唱組曲 「心の四季」 吉野弘作詞、高田三郎作曲 1.風が 3.流れ 4.山が 6.雪の日に 7.真昼の星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

2016年2月1日(月)練習内容

今日から2月、暦上の冬は3分の2が過ぎ春に近づいている。スタートの暖冬で梅のつぼみが膨らみ、この2週間寒くなっても順調に開花して冷たい風の中で微かな芳香を放つ。

今日は雨こそ降らなかったが、ほとんど太陽が出ず冷たく寒い一日になった。7時からの練習に集った団員は16名(T=2、St=4、Br=4、B=6)、演奏会まで2ヵ月半に迫り細部をチェックしながらの練習はかなりのスピードで進む。

(練習曲)

*4月演奏会での「コール丘」との合同演奏曲 「秋の女よ」 佐藤春夫作詩 大中恩作曲、「フィンランディア」

*ロシアの歌から 2.「十二人の盗賊」 3.「カリンカ」 4.「静寂」 5.「鶴」 

*民謡による「北国の歌」から  「南部牛追い歌」「ほーはい節」「野良歌三階節」

*男声合唱組曲 「心の四季」 吉野弘作詞、高田三郎作曲 2.みずすまし 3.流れ 4.山が 5.愛そして風  6.雪の日に 7.真昼の星


年末年始のチラシ配布に続いて、今日は演奏会チケットが配布された。団員一人ひとりが確実に20人の聴衆を集めれば、ホール600の椅子は埋まる計算だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »