« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月24日 (日)

2017年12月23日(土)本年最終練習&忘年会

今年も残り1週間、週末練習が最後の練習になった。師走に入ってからずっと寒さが続いて、平均年齢が70歳以上と高齢化が進む我らが団員にとっては少々つらい日々が続いていたが、寒さが緩んで無風で暖かい絶好の練習日和になった。

20171223_2


ワンステージメンバー1名を加えた参加者は18名(T=5、St=4、Br=4、B=5)と最終練習を飾る大勢になって、来春の演奏会での演目をすべて含む、本年の練習曲すべてをおさらいした。

どんづまりで嬉しい話を一つ。来春の演奏会で披露する予定の浜松男声合唱団 団歌「我ら浜男」が完成し、初披露&初練習(譜読み)をした。作詞・作曲は団員で副指揮者の中村国男さん、指揮者の和田美喜男さんが編曲してくれた。なかなか歌っても聴いても「よい歌」に仕上がっている。楽しみだ。

(練習曲) 

* 「わが歌」 三浦 和夫訳詞、L.Spohr作曲

* 「希望の島」 H.ジョーンズ作曲

* 多田 武彦 「男声合唱曲集2」より 「雪明りの路」 伊藤 整作詩 Ⅰ春を待つ Ⅱ梅ちゃん Ⅲ月夜を歩く
                                             Ⅳ白い障子 Ⅴ夜まわり Ⅵ雪夜

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲 、清水 昭編曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲「

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「秋の日ぐれ」 近藤吐愁作詩、平井康三郎作曲

* 「荒城の月」 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲

* 「帰ろ帰ろ」 北原白秋作詩、山田耕筰作曲

* 「婆やのお家」 林柳波作詩、本居長世作曲、福永陽一郎編曲

* 「さくら」 日本古謡、信長 貴富編曲

* 「斎太郎節」 宮城県民謡、竹花 秀昭編曲

* 浜松男声合唱団 団歌「我ら浜男」 中村 国男作詞・作曲、和田 美喜男編曲


(忘年会)

20171223_5

沖縄料理店「遊び庭(あしびな~)」を借り切って3時間のわいがや忘年会。毎月やっている「定例会」と称する飲み会をはるかに上回る参加者は、亡き前団長伊藤さんの奥様とピアニストの飯田さんを含めて20名でちょ~賑やかに。

20171223_3

一人ずつ今年を振り返ってのスピーチと、恒例の持ち歌から数曲アカペラで歌う。

20171223_1

半世紀以上にわたって吸い続けた団最後の愛煙家である指揮者和田さんが、煙を絶って健康を回復するまでの涙ぐましい戦い物語が印象的だった。その他がんと戦って快復し大好きな歌を歌い続けている最高齢者のMさんが淡々と語る話など、各団員にとっても嬉しい明るい話題が続いた。

20171223_4

来年5月19日(土)5ヵ月後に迫った2年ぶりの演奏会の成功に向けて、また地道な練習をがんばろうと誓って今年を締めくくった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

2017年12月18日(月)練習内容

師走も早くも半ば過ぎ、今年も残すところ2週間になった。このところの朝晩の冷えは浜松でもかなりのもので、今朝は初氷が張った。

寒い中エアコンの暖房を少し強めて練習開始、今日も仕事と風邪などの体調不良のために欠席が目立ったが14名(T=5、St=2、Br=3、B=4)の団員が集って来春の演奏会に向けて数多くの曲を練習した。

(練習曲) 

* 「わが歌」 三浦 和夫訳詞、L.Spohr作曲

* 「希望の島」 H.ジョーンズ作曲

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲 、清水 昭編曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲「

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「秋の日ぐれ」 近藤吐愁作詩、平井康三郎作曲

* 「荒城の月」 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲

* 「帰ろ帰ろ」 北原白秋作詩、山田耕筰作曲

* 「婆やのお家」 林柳波作詩、本居長世作曲、福永陽一郎編曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

2017年12月11日(月)練習内容

師走に入って冷え込みが強くなり、やっと初冬を迎えたという気分になってきた。喉や鼻風邪が流行して、マスク姿が増えているしインフルエンザの流行も始まっている。声が出て当たり前の合唱を趣味とする我が合唱団の仲間にとって、音量や音域が狭まる風邪は大敵だ。

北国で低気圧が発達して台風並みに大荒れの天気になり、早くも今冬一番の寒波が訪れるという予報の中で16名(T=4、St=4、Br=3、B=5)の多くの仲間が集った。

(練習曲) 

* 「わが歌」 三浦 和夫訳詞、L.Spohr作曲

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲 、清水 昭編曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲「

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「秋の日ぐれ」 近藤吐愁作詩、平井康三郎作曲

* 「荒城の月」 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲

* 「帰ろ帰ろ」 北原白秋作詩、山田耕筰作曲

* 「婆やのお家」 林柳波作詩、本居長世作曲、福永陽一郎編曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

2017年12月4日(月)練習内容

師走に入って寒くなってきた。来年5月に予定している第8回の独自演奏会まで半年足らずになり、いよいよ練習も熱を帯びてきた。少し心配なのは団員間で風邪が流行って、熱はほとんど出ないが咽喉を痛めている人が増えている。インフルエンザの流行の兆しもあり、重要な時期に練習不足にならないように健康に留意したい。

今日は雨の予報ではなかったが、夕方から雨がぱらついた。13名(T=3、St=3、Br=3、B=4)の団員が集った。

(練習曲) 

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲 、清水 昭編曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲「

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「秋の日ぐれ」 近藤吐愁作詩、平井康三郎作曲

* 「荒城の月」 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲

* 「帰ろ帰ろ」 北原白秋作詩、山田耕筰作曲

* 「婆やのお家」 林柳波作詩、本居長世作曲、福永陽一郎編曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »