« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月26日 (月)

2018年3月26日(月)練習内容

例年にない寒さを過ごした桜は、浜松でも早くも満開になった。先週末は桜の名所はどこも花見の人々で賑わったのではないだろうか。

一方わが浜松男声合唱団は第8回目の独自演奏会を50日後に控え、今月最後の練習を行った。
練習参加者は16名(T=4、St=3、Br=4、B=5)だった。

(練習曲) 

* 「夜のうた」 坂田 寛夫作詩、佐崎伸尚作曲

* 多田 武彦 「男声合唱曲集2」より 「雪明りの路」 伊藤 整作詩 Ⅰ春を待つ Ⅱ梅ちゃん Ⅲ月夜を歩く    Ⅳ白い障子  Ⅴ夜まわり Ⅵ雪夜

* 「さくら」 日本古謡、信長 貴富編曲

* 「山寺の和尚さん」 久保田 宵三作詞、服部 良一作曲

* 「荒城の月」 土井 晩翠作詩、滝 廉太郎作曲、中村 国男編曲

* 浜松男声合唱団団歌 「我ら浜男」 中村 国男作詞・作曲

* 「落葉松」 野上 彰 詩、小林 秀雄作曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲
 
 先週から「海 その愛」に振り付け指導が入り、歌いながら簡単な動作練習を行っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

2018年3月19日(月)練習内容

演奏会を2ヵ月後に控えて、練習にも自ずと力がこもる。昨日の週末練習の後ではあるが、連日休まずに練習日を設けた。

平日の勤務後にもかかわらず、21:00終了の2~30分前に練習場に滑り込んで仲間に加わる団員が2名もいた。熱心さに好感がもてる。

最終的には17名(T=5、St=4、Br=4、B=4)の多くの団員が集って、昨日に続いてほぼ演奏会用全曲の練習を行った。

(練習曲) 

* 「夜のうた」 坂田 寛夫作詩、佐崎伸尚作曲

* 多田 武彦 「男声合唱曲集2」より 「雪明りの路」 伊藤 整作詩 Ⅰ春を待つ Ⅱ梅ちゃん Ⅲ月夜を歩く    Ⅳ白い障子  Ⅴ夜まわり Ⅵ雪夜

* 「秋の日ぐれ」 近藤 吐愁作詩、平井 康三郎作曲

* 「婆やのお家」 林 柳波作詩、本居 長世作曲、福永 陽一郎編曲

* 「さくら」 日本古謡、信長 貴富編曲

* 浜松男声合唱団団歌 「我ら浜男」 中村 国男作詞・作曲

* 「落葉松」 野上 彰 詩、小林 秀雄作曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲、清水 昭編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日(日)週末練習

2年に一度の団単独開催の「浜松男声合唱団第8回演奏会」が2ヵ月後に迫ってきた。

例年演奏会が近づくと、近郊のピアノがある宿泊施設で強化練習合宿を行っていたが、団員の平均年齢が70歳近くになると合宿希望が減ってきた。

そこで先月から月一度の週末練習の練習時間を、3時間から6時間に倍増して合宿に替わる「強化練習」に充てることになった。昨日は2度目の開催で、午前中2時間はテナー系パート練習。

午後は4時間全体練習を行った。暖かさが増してきた中、19名(T=6、St=4、Br=4、B=5)と現在演奏会出場を予定している団員が全員参加して、演奏予定曲の大半をおさらいした。

(練習曲) 

* 「夜のうた」 坂田 寛夫作詩、佐崎伸尚作曲

* 多田 武彦 「男声合唱曲集2」より 「雪明りの路」 伊藤 整作詩 Ⅰ春を待つ Ⅱ梅ちゃん Ⅲ月夜を歩く    Ⅳ白い障子  Ⅴ夜まわり Ⅵ雪夜

* 「秋の日ぐれ」 近藤 吐愁作詩、平井 康三郎作曲

* 「婆やのお家」 林 柳波作詩、本居 長世作曲、福永 陽一郎編曲

* 「帰ろ帰ろ」 北原 白秋作詩、山田 耕筰作曲、福永 陽一郎編曲

* 「さくら」 日本古謡、信長 貴富編曲

* 「山寺の和尚さん」 久保田 宵二作詞、服部 良一作曲

* 「荒城の月」 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲

* 「落葉松」 野上 彰 詩、小林 秀雄作曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲、清水 昭編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

* 浜松男声合唱団団歌 「我ら浜男」 中村 国男作詞・作曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

2018年3月12日(月)練習内容

暖かさが増し、杉などの花粉がすさまじい勢いで飛んでいるようだ。目や鼻やのどにもいいわけがない。

そんなハンディキャップにもめげず、5月の演奏会まで2ヶ月余に迫った団員は少し目の色が変わってきた(ように見える)。今日の練習はなんと17名(T=4、St=4、Br=4、B=5)の大勢が集って、ほぼ演奏曲網羅に近い練習内容になった。

(練習曲) 

* 「夜のうた」 坂田 寛夫作詩、佐崎伸尚作曲

* 多田 武彦 「男声合唱曲集2」より 「雪明りの路」 伊藤 整作詩 Ⅰ春を待つ Ⅱ梅ちゃん Ⅲ月夜を歩く    Ⅳ白い障子  Ⅴ夜まわり Ⅵ雪夜

* 「山寺の和尚さん」 久保田 宵二作詞、服部 良一作曲

* 「荒城の月」 土井晩翠作詞、滝廉太郎作曲

* 「さくら」 日本古謡、信長 貴富編曲

* 「落葉松」 野上 彰 詩、小林 秀雄作曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲、清水 昭編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

2018年3月5日(月)練習内容

いよいよ弥生3月に入って、暖かくなってきたが今日は雨。夜間の雨天は運転をしない人、大学グリークラブの海外遠征組みが2人、股関節不調の人、多忙な人々などなどがいて出席率が悪く、練習参加者は12名(T=3、St=3、Br=3、B=3)に留まった。

演奏会を2ヶ月半先に控えて、特別強化練習を含む練習計画を決定した。

(練習曲) 

* 「希望の島」 H.ジョーンズ作曲

* 「夜のうた」 坂田 寛夫作詩、佐崎伸尚作曲

* 多田 武彦 「男声合唱曲集2」より 「雪明りの路」 伊藤 整作詩 Ⅰ春を待つ Ⅱ梅ちゃん Ⅲ月夜を歩く    Ⅳ白い障子  Ⅴ夜まわり Ⅵ雪夜

* 「秋の日ぐれ」 近藤 吐愁作詞、平井 康三郎作曲

* 「婆やのお家」 林 柳波作詞、本居 長世作曲、福永 陽一郎編曲

* 「帰ろ帰ろ」 北原 白秋作詩、山田 耕筰作曲、福永 陽一郎編曲

* 「さくら」 日本古謡、信長 貴富編曲

* 「落葉松」 野上 彰 詩、小林 秀雄作曲

* 「知床旅情」 森繁久弥作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「乾杯」 長渕 剛作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「昴」 谷村新司作詩・作曲、清水 昭編曲

* 「酒と泪と男と女」 河島 英五作詞・作曲、源田 俊一郎編曲

* 「海 その愛」 岩谷 時子作詞、弾 厚作作曲、源田 俊一郎編曲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »