コミュニケーション

2009年12月29日 (火)

浜松男声合唱団の忘年会

Img_1201_1 12月27日(日)世の中では大半が終わっている頃に、我が団の忘年会が開催された。昨年の12月28日にも、「どんづまりの忘年会」というタイトルで書いている。我が団の忘年会は、どうも「おくて」が恒例のようだ。

17:00に集合して1年間の会計報告があり、17:30には宴会が始まった。指導者兼指揮者のWさんは急遽欠席されたが、団員14名が出席した。もう何年もお世話になっている料理屋さんなので、先方も心得たもの。

始まったらひたすら呑み・喋り・歌うこと3時間半。毎週会っている仲間だが、よくこんなに喋ることがあるなと思えるほどの盛り上がり方だ。しけたパーティーが、場をもたせるために余興やビンゴゲームなどをやることがあるが、そんんなの一切必要なし! 幹事は楽でいいわい。

この1年間あったことなかったこと(無かったことは話題にならないか!)、全てが大仰に話題になって盛り上がる。後半1時間はおかみさんのリクエストもあって、「愛唱歌」を歌いまくる。呑み好き話し好きだが、団員はやっぱり歌が好きだね。Wさんの指揮がないので、自称?他称とも一致している副指揮者のNさん(ちょっと緊張してた?)の指揮で、やりとげた。コンサートの事前リハーサル(本番は強いけど、リハーサルはずっこけることが多い)ほどは音がはずれなかったかな?

というわけで、今年も楽しくがやがや暮れていったのだった。酔眼数名、心底楽しんだ団員のいい笑顔を見てほしい。みなさん、よいお年を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

豊橋練習帰りはこれに限る

Photo 豊橋合唱連盟主催の「モーツアルトRequiem」演奏に友情出演する日が、いよいよ4週間後に迫った。今日も豊橋駅近くの松原小学校体育館で、合同練習があるので出かけて行った。

二川駅近くの視聴覚センターで練習があるときは車の乗り合いででかけるが、市の中心街は駐車難ということが口実で浜松駅からJRで出発する。浜松~豊橋間は30数キロ30分余り、三河と遠州は隣同志で近いなあと毎回実感する。

今日は豊橋合唱連盟理事長の斉藤先生がRequiemの通し練習指導、最初の40分はパート練習もあっていよいよ仕上げ近しの印象。丁寧な音採りとリズム修正の指導があり、何か上手になった気がする。1時半から4時過ぎまで、みっちり練習して程よい疲労感。

練習中から既に雨模様になっていたが、乾いた喉にはなかなか具合がいいぞ。練習終了後は、いつもの駅裏ホッピー屋で一杯やる。『10月11日 「豊橋合同練習の楽しみ」参照』 練習が目的なんだかホッピーが目的なんだか、どっちだや~?という自嘲的な声も上がったが、「両方でしょ!」という無難な線で落ち着いてしっかり呑んで楽しんだのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

豊橋合同練習の楽しみ

Photo_3 11月29日(日)豊橋コンサートホールで開催される、豊橋合唱協会第40回「合唱祭」記念モーツァルト特別演奏会が1ヶ月半後に近づいた。所属する浜松男声合唱団が友情出演する「レクイエム」は、小泉ひろし指揮 セントラル愛知交響楽団と200人の「豊橋合唱協会とその仲間」の合唱で演奏される。

我が浜松男声合唱団指揮者Wさんが豊橋合唱協会長Sさんと師弟関係にあることで、県境を越えて(30Kmしかないが)団員有志10名余りが出演する。延べ13回の合同練習が7月から始まり、月2回ペースの豊橋通いが始まった。練習は日曜日の午後1時半から4時半までの3時間、車でも電車でも正午過ぎには浜松駅を出発する。

練習会場は二川の視聴覚センターか、豊橋駅近くの松山小学校体育館だ。市中心部で行われる時は、示し合わせて電車で行く。建て前は駐車場が限られているから、本音は練習帰りに一杯やれるから。いつもより長い練習時間に、力いっぱい歌った後の一杯はいつもの定例会に増して楽しく美味い。

今日は練習に8名が参加、帰途豊橋駅裏の餃子専門店で一杯やり、隣のホッピー(写真)を飲ませる一杯飲み屋でおでんと串カツでもう一杯やった。合わせて2時間弱¥2500円也の、コストパフォーマンスに優れた懇親会だ。合唱はもちろん楽しくやりがいがあるし、平均年齢60歳あまりのおじやんの集まりには、このひと時は何にも替え難いものがある。

この投稿記事は、筆者のブログ「団塊世代MACCHANの、『人生これから』だよ!」 http://blog.goo.ne.jp/matsuura_ik1980/ から転載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

どんづまりの忘年会

世の中は大半忘年会を終えた頃だと思うが、今日は夕方6時から「浜松男声合唱団」の忘年会をやった。月に1回平均の「定例会」と称する飲み会はやっているが、忘年会はまた格別だ。

Photo 2番目の長老のSMさんご夫婦もリハビリ入院を終えて、今日の宴会にベスト体調で臨んできた。秋から2度入院したMさんも、最長老で先々月心臓手術をしたHさんも元気に参加した。

忘年会シーズンが過ぎ去った頃を見計らい、馴染みの料理屋でゆっくり食べて飲んで語らって最後に1時間皆で16曲の「団愛唱歌」を合唱して、今年を締めくくった。満足してもまだ歌い足りなくて浜松駅前で1曲歌い、1年後にはまたコンサートをやろうと誓って散会したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月31日 (月)

延々6時間の花見会(3月30日)

昨年に続き、団員のSMさん宅の広大な庭で花見会を開きました。心配されていた天気ですが、11時の開始から3時間近くは雨が降らず、庭で桜や桃の花を愛でながらバーベキューや持ち寄った料理で花見酒を楽しみました。

団員7名と4名の奥様方が参加し、雨に見舞われた途中からはSMさん宅の居間を占拠して、昨年に続いて延々6時間の宴は途中自然発生的に出る歌声と共に進みました。それにしても、気が置けない仲間と、市の中心地から比較的近いにもかかわらず、心置きなくパーティーができる空間をいつも快く提供してくださるSMさんご夫婦のお陰で成り立っています。日暮れと共に、降りしきる雨の中を後ろ髪を引かれながらもImg_2903_1散会になりました。

(エピローグ)宴途中の3時ごろだったか、最長老団員で心臓手術で入院中のHさんから電話が入った。花見会に出席できず残念だ、という内容。入院中でも忘れずにいて、電話してきたという記憶力と執念に、出席者はしばし感心するやらーー 早く退院してまた元気に一緒に歌いたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

今年は忘年会で締めくくり!!

いよいよ年の瀬も押し迫りました。24日に今年最後の練習が終了しましたが、なんとどん詰まりの27日19:00から、忘年会をやったのです。

会場はいつもの、肝っ玉の女将さんがやっている「久乃家」の大広間。2週間前の申し込みだったが、ここまで押し迫ったせいか、ばっちりメインステージ?の大広間を確保できた。参加は指揮者和田さん、ピアニスト飯田さん、末久さんの介護人の奥さんはちきんを入れて、なんと19人。都合がつかなかったのはわずか2人ということだ。それも2人が5~10分遅れただけで、定刻19:00前には、早く始めろの大合唱!!こんなこと、普段の定例練習ではありえなーい!

今年はとにかく秋から演奏会が多かったが、皆なんだかんだ都合をつけてきっちっと成り立つ人数を揃えて成立させた。来年3月の演奏会も、豊橋TFM合唱団男声部の友情出演も約束できた。あとは練習で息を合わせるのみ。

今日はとにかく飲みと話に徹する、という趣旨で始まった。和田さんの挨拶も真面目でしめやか?でよかった。伊藤団長のよき性格が現れている、極めてシンプルな乾杯で幕が切られた。わいわいがやがやみんな勝手に楽しいことを言い合っていたが、折角の機会なので一言ずつスピーチをしてもらった。わいがやの延長線で楽しく話す人、ここぞとばかり売り込む人、ここでもマイペースに話す人、それぞれ我が団の持ち味である素晴らしい個性の集りということが再認識された。

結局皆一言ずつしゃべったあとは、定例の?相互リクエスト合唱。20分間で6曲歌って、女将さんにもお世辞半分で褒めてもらって、年末ジャンボ宝くじも一枚ずつもらって解散した。誰でも当たったら、またこの店で貸切の宴会をやるという約束もした。中途半端な当たりだったら迷惑千万だけどーー

ところで、大きな忘れ物をした。カメラを持って行ったのに、演奏会用の集合写真やパート別写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていた。それほど楽しく飲みしゃべりができたということだと、勝手に言い訳を作って納得した。

みなさん、来年も更によい年を!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

8月18日(土)休日練習と定例会

月に1回ペースで行っている休日練習があった。通常の月曜日練習に加えて土曜か日曜に1回行うルールになって暫く経つが、今日はそのきっかけになった県東部小山町単身赴任の中村国さんが参加して、テナー4名、セカンドテナー3名、バリトン3名、ベース4名の合計14名だった。身体にハンディキャップがあるテナーの末久さんは、あまりの猛暑で少々体調を崩されたようで欠席だった。週末が書き入れ時の鈴木善さんも欠席だったが、この暑さの中毎日よく眠れているだろうか。ちょっと心配。

練習曲は次の通り。

9月16日(日)はまホールで開催される、三遠南信文化交流 合唱の集いでの合同演奏曲、大中恩混声合唱曲5曲。単独演奏曲である「月下の一群」からⅠ、Ⅲ、Ⅴの3曲。そして9月30日(日)浜松合唱祭と11月11日(日)豊橋のTFM合唱団との共演曲である、室生犀星作詞の「ふるさと」や「わが歌」「Adoramus Te」「Onward Christian Soldiers」「さくら」

指揮者の和田さんが練習中に指導される名せりふは、何度か紹介させてもらっているが、今日のとっておきを一つ。

「Adoramus Te」はバッハより古いキリスト礼賛の歌だが、初めから単純な歌詞が2種類2回ずつ繰り返される。1回目はピアニッシモのクレッシェンド、2回目はフォルテのクレッシェンド。ピアニッシモとフォルテの強弱の歌い分けは通常なかなか難しいが、和田さんは「教会の中で歌っているのを外で聞いているのがピアニッシモ、重厚なドアを開けて聞こえるのがフォルテ」と表現する。大半の団員はクリスチャンではないが、感覚的によく理解できるので、みんなメリハリが効いた演奏を心がけている。

来週月曜日は練習休みで、次回は8月27日(月)19:00からの定例練習だ。

8月は偶数月なので、第3土曜の今日、練習終了後に定例会(早く言えば飲み会)を行った。17:00に練習が終了して、参加者が三々五々練習会場から1Kmくらい浜松駅寄りの繁華街まで、だべりながら歩いて会場の台湾料理屋に向かった。17:30からの営業だとみんな知っていたので、ちょっと回り道をして行った。途中で、いつも注文とったり料理を運んでくれるお兄さんが自転車で出勤するのに出会って、これから店に行く旨を告げたら急いで店を開けてくれた。参加者は7名。いつもとちょっと違う雰囲気は、団員間では、「ひめ=姫?」と呼んでいるピアニストの飯田さんが珍しく参加したこと。

Img_1533_1_2 写真は、始まってすぐ、件のお兄さんに撮って貰ったもの。12月15日に予定されている、飯田さんのクリスマス演奏会に10分間の賛助出演をする話など、話題はいつもに比べると、セクハラ発言に気をつけてちょっとまじに硬くなったかも。でも酒量、食欲は落ちずバンバン食って飲んで、ひめには端数を負担してもらって6人で割勘3000円。コストパフォーマンス大なり!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

6月24日(日)の練習と月例会

我ら「浜松男声合唱団」は、梅雨のしとしと雨にもめげず、今日も練習をやりました。入院していた鈴木善さんが3ヶ月ぶりに参加して、皆から祝福?をうけていました。完全復帰、Coming soon !

あれ?練習日は通常月曜日ではないかい?(北海道の人から質問があったわけではありませんが)という疑問があるかもしれません。毎月一回は土曜か日曜日を練習日にしているのです。理由は簡単です。毎週月曜日では練習に参加できない人がいるので、違う曜日に設定しているというのが正解!

具体的には、長年主力メンバーの中村国さんが終業後通える地域から、県東部に赴任したために週末しか湖西市の自宅に帰れなくなったため、スペシャル練習日を作ったのですよ。本人のためにも団のためにもプラスになると考えた特別措置です。今日はそういうわけで、中村国さんだけではなく、新たにメンバーに加わりたいという、メンバーの加茂さんの先輩も参観に来て歌ってくれましたよ。学生時代に合唱をやっていたことがあるようで、パートはテナーだそうです。

もし入団が決定すれば6人目のテナーで、一気にテナーパートが充実しますね。なんせ、リードパートですから厚くなるのは超ウェルカムですね。(他のパートも頑張らんといかんに!)

ところで、今日は指導者(指揮者)の和田さんとピアニストの飯田さんが休んだので、セカンドテナーの櫻井さんがピアノで音とりをしながら指導(というより感想をビシビシ指摘しながら)してくれました。休日ということもあり、皆もリラックスしながら臨時指導者に突っ込みを入れながら、2時間の練習をやりきりました。別所属合唱団の定期演奏会上がりなのに、櫻井さん、おつかれさま!!!ありがとうね!

ちなみに練習曲は、先週のおさらい。「わが歌」「ADORAMUS TE」、グリーンクラブアルバムから「いざ起て戦人よ」リーダーシャッツから「ふるさと」、その他「千の風になって」など、入団するかもしれない参観者にサンプル提示を行った。

練習終了後の17:00から繁華街に流れて、まだ準備中の17:30から営業の中華(台湾)料理屋を早めに開けてもらって、有志7人で円卓を囲み、月例会と称する飲み会を開催しました。本当は楽しい瞬間を写真付で紹介したかったのですが、残念ながら幹事の不手際で取り出したデジカメは電池切れ!!文章だけで楽しさが伝わりますか?

月例会(定例会)は通常、奇数月は第3土曜日の18:30から、偶数月は特別練習日の後、流れて有志で開催。特に4月と10月、12月は家族(多くはかみさん=女性)参加ありの特別定例会。4月は花見、10月は紅葉を愛でて、また12月は忘年会のスペシャルイベント。これらスペシャルイベントを除いては前もっての出欠はとらず、会場だけ決めて参加できる人だけが出席して(2人が今までの最低記録)、他愛もない会話で楽しむ。会費はできるだけ安く、生きていて楽しいを実感できるだけでよい。ちなみに今日の会費は3時間半やって(いつも割り勘)2700円。これでいいのだ!
        

| | コメント (2) | トラックバック (0)